読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2016のまとめ(下半期)

2016下半期はとにかく岡山に行きまくる日々、星野源に翻弄されまくる日々だった。

 

7月

◆決定していました

◆将来の夢として掲げていきたい

ポケモンGO、岐阜ポケストップなさすぎ問題

◆部活の同期・後輩たちと瀬戸内旅行、はしゃぎすぎてiPhoneが水没する

◆無理キュアになってました

◆しかし翌週ライブで再び岡山へ 久々Chieriと対バン

 

 

8月

◆今年のベストアルバム、KIRINJI / ネオばかり聴く

◆夏休み旅行で横浜スタジアムへ、しかし広島にボコボコにされる

◆25歳 夏、初めての東京観光… 岐阜では見たことないレアポケモンに興奮する

◆OBライブ、学祭ライブ、穴あなとバンドを4つ掛け持ち状態になる

◆やめとけやめとけー!!

 

 

9月

◆4週連続で土日が練習と移動で埋まるという厳しい鍛錬の日々

◆シンゴジラを見る

君の名は。といい、逃げ恥といい、流行に乗るのって、こんなに楽しいんだね…

◆3連休を車中泊で過ごす

◆練習はつらかったけど、OBライブ本番は最高だった 

DOPING PANDAとJ-POPをやるバンドをやりました、ありがとう同期・先輩・後輩

 

10月

◆3週間ぐらい1日1食2時帰宅みたいな生活が続いた

◆ドチャクソ忙しいさなかに穴あな1stシングル「大発明」レコ発、最高の企画を無事終える

◆ちょっとだけ落ち着いてから、ウォーキングデッドシーズン6、君の名はなど見る

◆気が付くと26歳になっていた、中2から成長が無い

 

 

11月

◆母校の学祭に星野源のコピーバンドで出演する、いいバンドだった

◆逃げ恥にはまり過ぎて精神に不調をきたす、下半期は星野源に振り回される日々だった

◆大統領選でトランプに敗北する

 

 

12月

◆uniTONE、Emu sickSとの最強スリーマンでライブ納め!ほんまに最高…!

◆逃げ恥終了と同時にその短い生涯に幕を閉じる

 

 

総括

今年は穴あなでライブ10本、コピーバンドで2本(3バンド)と、岐阜で社会人してる割には頑張りました。

岡山へ行くこと13回、大阪・京都などへの遠征も含めると、1年の半分近くの週末はどこかに出向いていたことになる。2016はよく動きました。2017は遠征もしつつ、どちらかというと今の土地に根を張る方向の活動もしていきたい。

2017もよろしくお願いいたします。

2016のまとめ(上半期)

大晦日なので今年も自分の2016を箇条書きで振り返ります。

 

1月

・60点!

◆アンダーザドームとサイコパスを見ていた

扇町パラダイスでライブ初めでした

 

 

2月

◆使い方のわからない機械の使い方を、わからない言語で教えてもらう仕事の日々

◆会社の先輩・同期と旅行で神戸に行き、8軒ぐらいはしごして飲んだ

◆飛騨高山・白川郷へ旅行

 

 

3月

◆社長の前で簡単な報告など

◆社会人1年目が終わる

◆こなそんフェスのNHK特集見て、地元帰りたくなる

 

【正解】 1位広島 2位巨人 3位横浜 4位阪神 5位ヤクルト 6位中日

見る目ないけど、横浜3位になってうれしい

 

 

4月

◆HAMABE WESTとしてラッパー嘘デビューした

◆学生時代のバイト先店長の結婚式

ファイナルファンタジーのゲームオーケストラ見た

◆Emu sickSのレコ発に呼ばれて最高

◆さとうもかちゃんがなぜか岐阜の山奥の職場近くでライブする事件

 

 

 

5月

◆Zネーション、重版出来にはまる

◆あとたぶん東海ローカルの菊池亜希子がかわいいだけのドラマも見ていた

扇町パラダイス→京都nanoと久々の連続ライブ

◆レコーディングもできた、よかった

くるりNOW AND THENアンテナ再現ライブの高松公演に行く 最高…

 

 

 

6月

◆今年1番の労働時間を記録、休みが月3日

◆papoozばっかり聴いてた、今年の上半期ベスト

◆大アマゾンのガリンペイロにはまる

 

 

KEY OF LIFE神曲たちの響宴見てきた

僕は半年前から、身に覚えのない罪に対する罰として岐阜県という山に囲まれた檻の中で暮らしている。近代的な文化圏から完全に遠のいたものと思っていたが、思ったより名古屋が近くて(電車で45分くらい)週末は名古屋まで繰り出せばライブとかイベントに参加できることに気が付いた。

そんな折、たまたま知ったゲームオーケストラのコンサート、KEY OF LIFE名古屋公演に行ってきました。

第一部がファイナルファンタジーシリーズ、第二部がキングダムハーツシリーズという二部構成だった。PS、PS2直撃世代なのでたまらない。実際お客さんも同世代ぐらいの人多かった。まぁ、キングダムハーツは持ってたけど何故かめちゃくちゃ3D酔いして全然プレイできなかったんだけど。

 

開演。矢口風に感想を述べると、「鳥肌止まらなかったです」(矢口さんは何を食べても「甘い」しか言わない)1曲目おなじみのプレリュードのアルペジオを生ハープで聴くともはや浅い感想しか出てこない。大好きなフィッシャーマンズホライズン、主旋律どの楽器や、どの楽器やホルン~!!最高~!!二回し目オーボエ~!!最高~!!アレンジがとてもよかった。フィッシャーマンズホライズン、作品中では別にそれほど重要な場所じゃないのに、なんでこんないい曲なんだろう。選曲がFF7~10が中心だったので、オーケストラアレンジが割と挑戦的な曲もあった。Other WorldとかTne Man With The Machine Gunとか。ハラハラしたけどよくやった!よくやったよみんな!片翼の天使とかはやっぱりオケ映えする。和音の気持ち悪さと展開の変態さがやっぱりオケには合うね。

第一部最後がファイナルファンタジー10メドレーだった。サナルカンドにて~シーモアバトル~いつか終わる夢という流れでおいしいやつ全部入っとるやないか運動会のお弁当かお前。選曲100点なのですが、ビサイド島とか雷平原とか襲撃とかリュックのテーマとかね、やってほしかったね。受験生時代、友達に誕生日にもらったFF10のサウンドトラックをずっと聴きながら勉強してたので、本当に千回レベルで聴いてた。伸夫ももちろん大好きなんだけど、10は浜渦さんの曲がめちゃくちゃいいんだよね。シーモアバトルは伸夫節全開の曲で一番好きなバトル曲。再三にわたってプレイヤーを苦しめ続けるストーカー野郎ことモアシ―さんが、ラスボスよりもラスボスっぽいグラフィックと専用BGMという強大なバックを得ながら最後の最後で雑魚化してゲーム内では全然BGMを聴けないことでおなじみのシーモアバトル。メロディが変態フレーズなんだけど、プロのオーケストラってすごいですね…

 ラストはいつか終わる夢。ファイナルファンタジー10の音楽のすごいいいところは、ザナルカンドにて、素敵だね、祈り子の歌の3曲のメロディが大きな主題となっていて物語の要所要所でそのメロディが出てくるという組曲的な構造になってるところ。いつか終わる夢は象徴的な素敵だねのメロディとザナルカンドにてのアレンジになっていて、長旅を終えて辿り着く、荒廃したザナルカンドでフィールドBGMとして流れ、戦闘中もBGMが切り替わらず流れ続けるという最高に泣ける演出でプレイヤー誰しもの心に残っているはずの曲です。

召喚獣で戦うラスボス戦が祈り子の歌のアレンジになっていたり、エンディングでもこの3つの曲の主題が出てきたり、物語に沿って音楽を聴くっていうゲームの構造をしっかり踏まえた最高のゲーム音楽だと思う。まあ、僕偉そうに言ってますけど、ミニゲームのブリッツボールにはまり過ぎてクリアしてないですけどね、このゲーム。物語進めるとデューレンさんっていうキーパーの人がスカウトできなくなるんだもん!!

本当にファイナルファンタジー10が好きで細かすぎて伝わらないFF10モノマネいっぱい持ってるのでFF10好きな人は言ってください、やります。オススメは「最初にリュックと出会うサルベージ船でシンを発見して驚くアルベド族乗組員」と「シン突入前のタイミングで飛空艇でアニキに話しかけたときの反応」です。

アンコールでファイナルファンタジーメインテーマやったんだけど、最後の最後でおなじみの勝利のファンファーレが鳴って、あぁ、最高だったな。最高の土曜日だったな。って思いながら油そば食べて帰ってきた。この興奮を分かち合う友達がいなくて夜中にブログに書きつけることしかできなかった。ゲームオーケストラ、ゲーム音楽好きなら絶対見た方がいい。今度あったら誰か一緒に行きましょう。

逃げ道

我々、生活能力が低いにも関わらず普通の人として振る舞うことを強いられている族には、突然のつらみに備えて対策を練ることが大切だ。

一人で知らない土地に住んでいるとワーッとつらくなってくることがあるので、つらくなったときのガイドラインを作り始めた。

項目は「甘いものを食べる」とか「かわいい女の子の写真を見る」とか。やばい人かよ。

おれの場合だいたいイライラしたり、泣きたくなったりしているときはおなか空いてるか睡眠不足のときなので、さっさと家帰ってジャンクフードをもりもり食べて眠ってしまうとケロッと治ってしまうことが多い。ちっちゃい子かよ。

 

それでも逃げ道は多いほうがいい。

おれはあんまり友達とかいないけど、愚痴を聞いてもらうのが一番手っ取り早い。人の悪口は最高だ。盛り上がるし。

でも悪口を言うときは、その悪く言われる人のことを全然知らなくて今後も絶対会わないような遠い人に聞いてもらうのがいいと思う。聞いてる人にとってはフィクションの悪役の話をされているみたいだ。うんうん、って聞いてあげられる。おれだけか。あと、ちょっと話を盛ってもばれない。「自分は何もしないくせに雑務ばかり押し付けてきてうざい、7本の首が生えていて女子供をさらい村を焼き尽くすクソ上司」とか言ってやればいい。めちゃめちゃ同情してくれるだろう。

知ってる人の悪口を聞くと、先入観を持ってしまうし良くない。それでもおれもついつい言っちゃうんだけど。その場の盛り上がりを優先してしまんだけど。

最近のおれは会社の人の悪口を会社の人に聞かされて、渦中の悪口言われてる人から悪口言ってる人の悪口を聞かされる生活。お前ら仲良くしろよ!みんながああいう風にはなるなって言って、おれはどんな風になればいのか。おれは星野源安田顕ムロツヨシになりたいと思っている。

2015のまとめ

1月

・今年の抱負は「ちゃんとする」だった

・60点!

・初京都ライブ&最高の自主企画@ペパー

・会社の入社前健康診断引っかかる

修論に加えて英論文2報書かされて死にそうになってた

ポケモン、1週間ぐらいひたすら炎の抜け道を往復して理想のドガースを捕まえた

顎関節症ぽくなってたけどいつの間にか治ってる

・pinks企画の打ち上げの帰り、手からビーム出るおっさんに英語を教わる

・「I have wonderful desk.」

 

2月

・部活の同期、後輩と浜松へ旅行へ

・浜松楽器博物館は最高のスポット

修論発表3日前まで修論手つかずだった

・思い返しても背筋が凍る、どんなメンタルだそれは

・梅田ハードレイン、EmusickSと対バン、最高かよ

・日程が修論発表翌日だった、どんなメンタルだそれは

・ソロで2回目のライブ、緊張した

 

3月

・最初の勤務地が三重に決まる

・怒涛の3日連続ライブ、穴あな一時活動休止

・卒業パーティーでなんだかもんやりとした賞で表彰される

・引っ越しなんてもう二度とやりたくないでござる~!(半年後にやる羽目になる)

・入社3日前まで学会で拘束される

・後輩に、最後の1滴まで絞りつくされた人と呼ばれる

・西海岸、大学院生編、完!

・入社式の前乗りで会社が用意してくれたホテル、エッチなチャンネルが無料事件

 

4月

・東京で入社式、長野で研修、愛知で研修、三重に配属

・社会人になってからずっとおなか壊す(4か月ぐらい)

ナゴヤドームに横浜戦を見に行った

・ウォーキングデッド見始めた

 

5月

・この時点で発言オブザイヤー出てました

・三重を知る旅で伊勢神宮など行ってきた

・おれのiPhoneが6に

cubase買ったけど、この年、これが有効に活用されることはなかった

 

6月

midiキーボード買ったけど、この年、これが有効に活用されることはなかった

・おれの真鍋が結婚した

 

7月

・車を契約したぐらいしかトピックがない

 

8月

・扁桃腺炎からの中耳炎、右耳が1か月ぐらい聞こえなくなる

・つらい

・ラップトップスタンドを買ったけど、この年、これが有効に活用されることはなかった

・久しぶりに高校の部活のメンバーで集まる

・金沢旅行、のどぐろがうまい…

・旅行の帰りに財布を失くす

・つらい

・ダメ元でいろんなとこに電話したら見つかる!

・嬉しい

・おれはほんとに不幸中の幸いで生かされている

 

9月

・togomamaさんのミュージシャン100人展に短歌をいくつか出した

・納車

・岐阜に転勤が決まる

・先輩の結婚式に出席、二度と集まらないようなメンバーが集まり最高

アドベンチャーワールドにパンダを見に行った

山本昌が引退を表明する

 

10月

岐阜県民になる

・部活の同期と弾丸旅行

・富士山で日の出を見て、富士急で遊んで、長野の宿に泊まる

・頭おかしい

・25歳になる

・ふちなしのレコ発で穴あな活動再開

 

11月

・大学の学祭に行って学生に戻りたさが極大を迎える

・オーディオインタフェースを買ったけど、この年、これが有効に活用されることはなかった

志摩スペイン村に行く

・仕事に忙しみを覚え始める

 

12月

サニーデイサービス@大阪を見に行った、最高

アリゲーター、ふちなし、水色と4マン、できてよかった…

・今年は環境が変わりまくって大変だった

・来年はもうちょっと慣れて、うまく動けるようになりたい

 

今年はあと、紅白見るだけだ。

今年見た映画箇条書き

今年見た映画の箇条書き。

 

エル・マリアッチ

EVOLUTION

イエスマン

オブリビオン

パシフィック・リム

風立ちぬ

地球が静止する日

ワールドウォーZ

トランセンデンス

ルーパー

グランドイリュージョン

エグザム

バタフライエフェクト

セブン

CUBE

リミット

ドラゴンタトゥーの女

レザボアドッグス

ゾディアック

コンテイジョン

悪の法則

崖っぷちの男

101day

ノーカントリー

ファイトクラブ

インターステラ―

ゴーンガール

マッドマックス 怒りのデスロード

 

ノーカントリーのアントン・シガーが悪役オブザイヤー。得体の知れなさと、底知れない悪意、地に足の着いた圧倒的強さ。悪役はこうでなくては。最近は悲しい過去が…みたいなのを出して同情を誘う悪役が多いけど、底から悪、っていう悪役が魅力的。ガンダム00のサーシェスとかも良かった。

 

今年見たので一番面白かったのはやはりインターステラ―かな。ゴリッゴリのSFをやりつつ、親子愛というおれが一番弱いところを突いてくる作品でボロ泣きし過ぎて体調悪くなった。

 

マッドマックスも最後の最後にやっと見たけど、前評判通りめっちゃおもしろかった。劇場で見なかったのを後悔。来年はもっと映画館に見に行こう…

 

2015今年のCMソングベスト5と好きだったCM

CMソングが好きだ。

特にタイアップになってる曲じゃなくて、そのCMのために作られた曲。短い尺、商品名や社名、キャッチフレーズを言わなきゃいけないという制約の中で、いかにキャッチ―に口ずさめるような音楽を作るか、というところが好き。

思い出せるところでベスト5にしてみたので去年のとかも混ざってるけど、ご覧ください。

 

05.大鵬薬品 ソルマック

www.youtube.com

この勢いよ。これに関してはもう勢いだけで好き。

 

 

04.トヨタレンタカー 乗りたい時に編

www.youtube.com

これめっちゃ良い曲じゃないですか。歌は中山うりさんという方だそうです。

 

 

03.ジップロック 僕の名前はタブ編

www.youtube.com

15秒で最高!って思う曲。最初曽我部恵一かなと思ったけど、マイケル金子という人が歌ってるらしい。作曲はAPOGEEのVo.永野さんらしい!こういう仕事もやっていたのか…

 

02.ヨッシーNEWアイランド

www.youtube.com

これは去年のですが、インパクト強かったので… 任天堂はこういうCM打つのがうまいね。チューバ、マリンバ、ピアノっていうこういう可愛らしい編成の曲は大体最高になりますね…

 

 

01.ソニー損保

www.youtube.com

去年の年末から今年にかけて誰をも虜にしたこの曲。改めて聴くと拍子が4/4,3/4,4/4,2/4…というBUMPの乗車権みたいな変拍子になっている…これは一見ポップでキャッチ―に見せかけつつ、変拍子を取り入れることで事故や故障への不安を煽り、ソニー損保への加入を促すという究極のCMソングになっているのかもしれない…

 

 

番外編

 

今年一番好きだったCMシリーズがこれなんですけど、

www.youtube.com

CMって、短い時間の中で伝えたい情報を全部わかりやすく詰め込まないといけないと思うんですけど、このCMは「何をするのか」「何を伝えたいのか」とだけメッセージを発信して、視聴者が発信側と全く同じ「何を伝えたいのか」という感想を抱くという稀有なCMに仕上がっている。

これわざとやってるのかな… なんなんだろな…ってずっと思っちゃって結果的に東建コーポレーションの名前覚えちゃったのでCMとしては成功なのかもしれない。

www.youtube.com

異常なまでに中村雅俊フィーチャーを続けるこのシリーズですが、もう最近では、中村雅俊が「いろんな出会いに感謝しながら」と歌うライブ映像のあとに、中村雅俊が「いろんな出会いに感謝しながら」というセリフを言うだけというますます何を伝えたいのかというCMを打ち始めて、もうこれわざとやってますよねとしか思えない。そんな愛すべき企業東建コーポレーションのCMに今後もご期待ください。