読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2015今年のベストCD10選 その②

昨日の続きで残りベスト5。2015はこればっか聴いてたな~。

 

05.DAOKO「DAOKO」

www.youtube.com

天才女子高生ラッパーという触れ込みだったから、当然ラップはいいんだけど片寄明人プロデュースのサウンド面、バックトラックの良さが際立ってる。「水星」「かけてあげる」みたいなウィスパーなラップと踊れるトラックがメインの魅力だけど、「ないものねだり」みたいにおれの大好きな浜渦正志を思わせるピアノとオーケストラがめちゃくちゃ美しい曲もある。でもその直後にゴリゴリのファズギターのブリッジミュートにどんどん音の壁が重なっていく「高い壁には幾千のドア」で終わるので余韻がすごい。名盤ー!あと、基本的に温度のないウィスパーな歌声のDAOKOですが「ぼく」の中盤で「へんだから!」っていうとこがすごいかわいい…

 

 

04.花澤香菜Blue Avenue

www.youtube.com

これほんとに一回聴いて欲しい。イメージくつがえるから。花澤香菜を取り巻くミュージシャン陣があまりに本気過ぎる。3作目にして花澤香菜自身も曲ごとの歌い分けがすごくうまくなってきて、声質を活かそうとする作家陣と曲の魅力を引き出そうとする花澤香菜の相乗効果でとんでもね~!ってなってる。「Night and Day」の本気のビッグバンドの本気のスウィング、「We are so in love」の本気のフュージョンギターは本気が過ぎて録音もめちゃめちゃいいので高まる。FF7クラウドと同じ髪型をしているスムースジャズ界のソルジャーこと(おれしか呼んでない)ブライアンカルバートソンを思い出しますね。全体的にモードに仕上がってるアルバムの中でやくしまるえつこプロデュースの「こきゅうとす」は若干浮いてるんですけど、声質にはしっくりくるからサイのコーとしか言えませんね…

 

03.さとうもか「The wonderful voyage」


Girl of 31! pv

はい、天才~!岡山で一番天才のSSWさとうもかちゃんです。やっとCDゲットしてからこれしか聞いてない。めちゃめちゃポップでキャッチ―なんだけど、一筋縄ではいかないコード進行やコーラスワークはコトリンゴやyeyeに通ずるとこあります。ローファイなデモ音源もすごく良かったけど、しっかりアレンジされた今作も曲の良さが際立ってめっちゃ良いよ。「左耳のネコ」「Girl of 31!」というドポップのあとに1900年代前半のアメリカの白黒テレビから聴こえてきそうなピアノ曲「Mr.pretz」、フルートとギター、弦楽器のアンサンブルが素敵な「髪のワルツ」とルーツの深さを感じさせる2曲。はい、天才~!全曲良い。

 

02.Beef「Japanese Recorder」

soundcloud.com

岐阜から京都のjet setまで車で走って買いに行った1枚。「ドリーミン京浜東北ライン」はサウンドクラウドも含めると今年1番聴いた曲。ビーフ氏のポップセンス爆発のトラックに合わせてマリナのキュートなゆるいラップ(というか雑談)が乗っかってる。「O.K.U.」のラップはデモ版では失敗したテイクだけだったのに音源版でちゃんとしたテイクが入ってるという演出がニクい。おれは車とか電車の移動する窓の景色に合う音楽が最高だと思うんですけど、これはまさにそれ。いろんなフレーズがごちゃ混ぜになって、夢見てるみたいな気分になる「上野ホーミタイ」、「上野乗り換えターミナル 上野飲みたい気分になる 上野乗り換えターミナル 上野飲みたいホーミタイ」はリリックオブザイヤーです。音源版はちょっと歌詞違うけど。この歌の影響でおれ今年レモンハイばっか飲んでた。

 

01.Toro Y Moi「What For?」

www.youtube.com

今年のベストアルバムはなんといってもこれ。リード曲「Empty Nesters」にはおれの好きな要素がもりもりと盛り込まれていて最高の曲。アルバムとしてはサイケデリック色があるけど、バンド感があってキャッチ―で聴きやすいアルバムでした。「Lilly」はおれの大好きなくるりの黒い扉を思わせる暗い中にも救いがある美しいコーラスの曲。おれこういうの好きなんだ!って改めて思いました。「Spell It Out」のように踊れるキラーチューンもありつつ、アルバムの最後を飾る「Yeah Right」はyoutubeのコメント欄風に言うと「so chill...」な雰囲気。最高のアルバムでした。ごちそうさまです。

 

 

以上、おれの2015ベスト10枚でした。

ついでに今年よく聴いたアーティストを列挙しておきます。メモ書き。

 

キリンジ

サニーデイ・サービス

ビーフ

ふちなし

Breakbot

DAOKO

Emu sickS

Foals

John Mayer

Kimbra

Kings Of Convenience

Michael Jackson

OGRE YOU ASSHOLE

Perfume

Pharrell Williams

Phoenix

PUFFY

Red Hot Chili Peppers

Starfucker

Tahiti 80

Toro Y Moi

Yellow Magic Orchestra

yukaD

花澤香菜

山下達郎

Palmbomen

Ben-Browning

Favored Naitions

Devendra Banhart

 

今年は結構、キリンジとかサニーデイとか山下達郎、YMO、レッチリとビッグネームだけどあんまり聴いたことないやつを聴き始めて、やっぱり有名になるだけのことはあるな…と当然のことを思った1年でした。来年もいろいろ聴いていきたい。