読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うすしお

薄くてがっかりした話。

 

研究室がある建物の裏手、徒歩2分のところにコンビニがある。近いのでごはんはたいていここで買っている。作業が煮詰まったりすると用がなくても気分転換がてらついつい足が向かう。ほんとにこの2年間毎日通っているのでだんだんバイトのシフトがわかってきた。それぐらい足しげく通っている。

 

さすがに2年間も通うとお弁当とパスタ、カップラーメンあたりは網羅してしまってかなり飽きてきた。あるとき、普段は買わないごはんを買おうと思って初めて塩焼きそばを買った。祭りの屋台で売っているようなプラスチックのタッパーに入ったものである。カップ焼きそばより量も少ないし値段も割高なので普段は買わなかったのだ。のだ。のだが。伝説はここにあったのか・・・!なんだこれめちゃくちゃうまいぞ・・・!香ばしさというか、鼻に抜ける香りのクオリティが高すぎるのだ。お祭りの味。それ以来頻繁にそれを買うようになった。これが半年ほど前。

 

3か月ぐらい前、いつも通りくだんの塩焼きそばを買った。しかし、なんかいつもより色が薄い気がする。気のせいかと思ってそのまま食べたが、薄いのは見た目だけではなかった。味も薄い・・・。何かの手違いだろうか。業者の味見係の人が変わったのか。しかしその日以来あの味に戻ることはなかった。この味の変化に気づいているのは自分だけなのだろうか。もしかしてこの焼きそばの味だけが違うパラレルワールドに迷い込んでしまったのだろうか。

 

いまだに未練がましく、もしかして味が戻っているのではと思ってときどき買ってしまう。今日も買って食べたがあの味ではなかった。あの素晴らしい味をもう一度・・・!